【 目 次 】
TOP日記雑記旅行記など相撲相撲トリビアニュース大相撲春場所
2018年02月10日

最近、記憶力の低下が著しいなと思うようになりました。
中学生の頃から若干、記憶が定着出来ていないような感じがしています。

勉強していた時の記憶が忘れていたり、小さい頃の思い出の記憶も曖昧になっていったり…
小学生の頃は脳の中の映像で記憶がしっかりと残っていましたが
だんだんそういう映像での記憶が出来なくなってきました。

違うことを考えて頭がいっぱいになってしまって注意力が散漫することもしばしば…
鬱のようにネガティブ思考がグルグル回る時もあったり…
逆にハイテンションになったり…
まあよく分かりません(笑)


さて本題に入りましょう。
小さい頃からよく夢を見ます。
よくモノクロの夢を見ると言いますが私はフルカラーです。
夢の内容は、ほぼ現実と同じような内容の夢がほとんどです。
たまに現実か夢か分からない時がありました(笑)
家族や友達が夢に出ることはあまり無く
ほとんど知らない人が出たり顔が分からない感じで家族が出たりします。
建物は、若干違いますが高校だったり小学校だったり(今はほとんど夢に出ません)が出ました。

最初に書いた通り、映像の記憶が鮮明だったので小さい頃は夢の内容も映像で覚えていました。
最近はほとんど起きた後は忘れてしまっています。
でも前に見た夢は映像では思い出せませんがなんとなく覚えています。

今日、なぜ急にこんなことをブログに書いたかというと…
前に好きだった人が夢に出たからです。
なぜ夢に出てきたのかがよく分かりませんが驚きました。
小さい頃から夢を見てきましたが好きな人が出たことは無かったと思います。


あと30分は寝られたのですが
急に思い出が映像で走馬灯のように頭の中で流れてしまい
どんどん目が冴えてしまって結局、寝られませんでした。

中学生の頃から映像での記憶で思い出すことが出来なくなってきていましたが
今日の30分間はずっと映像が頭の中で流れていました。
夢ではなく「こんなこともあったな…あんなこともあったな…」と思い起こしていた感じです。
すごく懐かしかった。



」というのが一番辛く感じて
過去」が良かったと感じる。



中学生の頃から「小学6年生の頃に戻りたい」と思っています。
今もそれは変わりません。

小学6年生は自分の人生の中で一番楽しかった一年間。
今のところはそれを超える楽しさを感じることがありません。

いろいろあった一年間…
あの時はあの時で辛かったのは十分知っています。
でも記憶というのは美化されるもので振り返ると楽しかったと認識しています。
あの頃は毎日が楽しくて充実していた。
辛いことがあったから逆に楽しく感じることをしていたのかもしれません。


最後になりますが今日の30分間で思ったことは
生きている限りは「『』というのが一番辛く感じて『過去』が良かったと感じるんだなと思いました(笑)

考えてみれば今も中学生の頃も高校生の頃も今も全て「」が辛いなと感じていました。
でもその「」が今度は過ぎて「過去」になった時、「あの頃は楽しかったな」と思うようになるんだなと思いました。
ずっと気付いていなかったのですが…(笑)

中学生や高校生の頃、最悪だなと思っていました。
それこそ「死にたい」と思っていたぐらい…

小学6年生の頃と「」とは比較が出来ないけれど
」はやっぱり辛いことだらけだけど楽しい。
中学生や高校生で最悪と思っていたけれど
今思えば楽しかったかなと思うようになりました。

ずっと「過去」に後悔してきたり戻りたいとか思っていたけれど
これからは「過去」に囚われずに「」を大切に過ごしていきたいなと思いました。

posted by 大相撲ファンド at 07:43 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 日記 はてなRSSに追加
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ にほんブログ村 専門生日記ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: