【 目 次 】
TOP日記雑記旅行記など相撲相撲トリビアニュース大相撲春場所
2017年04月18日

京都十三仏めぐり 一日目

14日から16日まで2泊3日で京都に行ってきました。
京都十三仏を中心にお参りしてきました。
京都は修学旅行以来となります。
ずっと楽しみにしていました。

2・3年前に計画したものの台風と重なってしまいキャンセルしました。
それからずっと行きたかったのですがなかなか機会がありませんでした。
急に行きたくなりました。
札所変更があったので再度、計画を立て直して行ってみることにしました。

タクシーで全て巡ろうかと思っていましたが
とりあえず公共交通機関を利用して巡りました。

まずバスで三十三間堂に行きました。
智積院から近かったのもあり最初に行きました。
修学旅行の時、時間が足りず行けなかったので
一度は行ってみたかったので行きました。

少し早足の参拝となりましたが
千体の千手観音様はやっぱり凄いなと思いました。
中尊と呼ばれる大きい千手観音は国宝らしいですが
大きくて迫力がありました。

その他に風神雷神等も国宝みたいでしたね。

もっとゆっくり拝観したかったですが予定の時間になったので急いで智積院に行きました。

すぐに智積院に着きました。
こちらは京都十三仏の1番となっています。
まず金堂の御本尊様をお参りして
明王殿の札所本尊様もお参りしました。
母の写経したのを納経するので読経をしました。

9時から納経時間だったので少し待っていました。
納経帳と納経させていただきましたが納経代が千円かかりました…
なので予定していた拝観は今回は見送ることにしました。

次は泉涌寺へ向かいました。
徒歩で行きました。
途中に第3番の戒光寺があります。
こちらは泉涌寺の塔頭となっています。
まずこちらからお参りしました。
納経した時に御朱印帳の使い方を丁寧に教えてくれました。

花まつりの特別内陣参拝をやっていました。
近くでお参りすることが出来ました。
大きいお釈迦様でした。
その他に不動明王様、文殊菩薩様をお参りしました。

次に第6番の泉涌寺へ行きました。
まず楊貴妃観音様をお参りしました。
思っていたより小さくて驚きました。
宝物殿も見て次に仏殿をお参りしました。
あと皇室で使われる御座所も拝観しました。

次に十一番隋心院へ。
泉涌寺道というバス停まで歩いてそこから五条坂まで行き
五条坂からバスを乗り換えて小野駅まで行き
そこから徒歩で行きました。
こちらは小野小町ゆかりの寺院の様です。

次は第5番大善寺。
小野駅まで戻り今度は地下鉄で六地蔵駅まで行きます。
そこから徒歩で大善寺まで行きました。
こちらは六地蔵巡りの一つのお寺です。

ちょうどお昼の時間でしたので昼食をとりました。

次に第4番大光明寺まで行きました。
六地蔵駅から地下鉄で烏丸御池まで行き
今度は違う線で今出川駅まで行きました。
そこから歩いて相国寺に行きました。
相国寺の塔頭寺院でした。
ちょうど相国寺が特別公開していたので
大光明寺でお参りさせていただいてから相国寺もお参りしました。

鳴き龍を体験させていただきました。
綺麗に音が聞こえました。

私は相国寺の裏方丈庭園がすごい気に入りました。
ずっと眺めて居ました。

次に今出川駅から地下鉄で四条駅へ行きました。
第7番平等寺をお参りしました。

次に四条烏丸まで歩きそこからバスに乗り東寺へ向かう予定でしたが
反対方向のバスに乗ってしまい途中で降りて
本来乗るはずだったバスに乗り換えて東寺へ行きました。

東寺は第12番です。
こちらも特別公開をしているみたいで見させていただきました。
講堂は有名な立体曼荼羅があり
不動明王や帝釈天がハンサムでしたね。
金堂では御本尊様が祀られていて講堂もそうでしたが
感動してしまって思わず最後にもう一回お参りしたぐらいです。

五重塔も見ました。

一度出て食堂で御朱印を頂き、御影堂に納経して
宝物殿で展示されているのを見ました。
千手観音が大きかったです。

次に観智院に行きました。
観智院は五体の虚空蔵菩薩様が祀られていて
ガイドさんが説明していたので途中から参加しました。

最後に講堂と金堂をお参りしてホテルへ向かいました。
東寺南門前からバスで帰る予定でしたが
乗り間違えたようで途中で降りて結局タクシーでホテルの近くまで行きました。

一日目はこれで終わりました。
posted by 大相撲ファンド at 21:06 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 旅行記など はてなRSSに追加
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ にほんブログ村 専門生日記ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック